WBC 日本VS韓国

2009/03/08 01:07 | 話題のニュース | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - WBC 日本VS韓国



日本は14-2の7回コールドで韓国に圧勝し第二ラウンド進出を決めました。

初回に青木、内川のタイムリーで3点を先制した後、2回には村田が3ランで突き放しました。
結果はまさかのコールド勝ち。これには僕もびっくりしました。

打順は予想していたのとは違いましたが、とても理想的だと思いました。

1(右)イチロー
2(遊)中島
3(左)青木
4(三)村田
5(DH)小笠原
6(一)内川
7(中)福留
8(捕)城島
9(二)岩村
P松坂

原監督が3番イチロー、4番稲葉で左を続けて1,2塁間を狙うとか言っていたような気がするのでそうなるかと思いましたが違いましたね。

好調の稲葉を外すとは思いませんでしたが、内川は僕も起用して欲しいと思っていました。首位打者というだけでなく左ピッチャー相手には4割を大きく超える打率を残していますから。

しかし4番に変わっても村田はやってくれますね。流石2年連続ホームラン王と言ったところです。
今日はイチローもよく打ちましたね。やはり相手が強いと気合入るでしょうか。
みんなよくやったと思いますが、ちょっと残念なのは小笠原ですね。
一応打点は上げましたが、本来もっと打ってくれる選手だと思うのでこれからの活躍に期待です。   

人気ブログランキングをチェック!




最近の人気記事





| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。