一人カラオケ・ヒトカラのススメ

2009/03/08 02:49 | コラム/考察 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 一人カラオケ・ヒトカラのススメ



最近一人カラオケが密かなブームを呼んでいるのをご存知ですか?

歌うことが大好きな人、一人でこっそり練習して上達したい人などの人気を集めています。
実は僕も何度か一人でカラオケボックスへ足を運んだ経験があります。

多くの人はまず一人カラオケのデメリットに目が行ってしまうことでしょう。

・一人で行くなんて恥ずかしい
・盛り上がらない、楽しくない

主にこの2つが挙げられるでしょう。


まず1つ目なんですが、店員の人に見られて恥ずかしいっていうのは客側が勝手に思ってることなんです。
意外と一人で来る客が多いので店員は慣れています。アマチュアバンドのボーカルの人なんかも一人で練習しに行くことがあるようです。なので裏でこっそり噂されたりするようなことはないでしょう。

あとこれは慣れの問題ですね。一度行ってしまえば2回目以降は意外とすんなり行けると思います。


次に2つ目ですが、これに当てはまる人は歌うことがそんなに好きでない可能性があります。
みんなで盛り上がるからこそカラオケだ!と言う人もいるかもしれませんが、実はじっくり歌いたい人も多いのです。

大人数で行ったときになかなか自分の番が回ってこなくて退屈な人は結構いるはずです。
そういう人は自分の知らない曲ばかり歌われた日にはたまったもんじゃないです。


しかし、一人カラオケならそのような心配はありません。
一人でゆっくりくつろぎながら歌いたい曲を歌い放題です。
実はこれ、カラオケ上達のためにも重要な要素が含まれていたりするんですよ。

よく家では歌えるのにカラオケに行くと高いところの声が出ないっていう人がいます。
特に音程はそんなに外さないようなレベルの人に多いです

みんなで行くと必ず上手く歌おうとして力んでしまいます。変な声出したくないですからね。
そうなると高いところも喉を閉めて力任せに歌ってしまうことが多いようです。


じゃあ一人カラオケの場合はどうでしょう。
どれだけ変な裏声で歌ったって誰も聞いてません。だから高いところの発声の仕方に余裕が生まれます。
つまり自分でいろいろ試せるわけですね。ここで家で歌っている感覚を掴んでしまえば次からはみんなで行ったときも上手く声が出せるはずです。


カラオケと家との違いは声の大きさだと思います。
家では結構大きな声で歌っているつもりでも大したことはないんです。しかし、カラオケで歌うときはそれなりに大きな声を出しています。
その辺りの感覚を一人カラオケで掴んでしまおうというわけです。

これって結構重要だったりします。


本当に上達を目指すために行く人はエコーを切って自分の声を録音するという手もあります。
実際に歌っている声を自分で聴くことはとても大切なことだからです。

そうではなくてただなんとなく歌いたいだけの人にも一人でリラックスして歌え、ストレス発散効果も高いのでオススメです。


是非一度一人でカラオケボックスまで足を運んでみてください。
  

人気ブログランキングをチェック!




最近の人気記事





| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。